転売の始め方 その1「ヤフオクに登録しよう」

この記事は1分で読めます

↓カメラ転売で稼ぐ秘密を徹底解説!↓


【無料ダウンロード】
世界一やさしいカメラ転売の教科書
↓メール登録で無料受講↓



*メールアドレス







【はじめにお読み下さい】
0. はじめにお読み下さい
1. 転売の始め方
2. 堀井のプロフィール
3. 儲かる商品リスト
4. 受講者の実績
5. 堀井のしくじり話
6. 堀井の信念考え方
7. カメラ転売マニュアル
8. カメラ転売塾

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

どうやって転売(せどり)を始めるのか、
未経験の方には難しいと思います。

ただ、始めてみるとそこまで難しくはありません。

ヤフオクでのカメラ転売(せどり)を
やっている人は20代はもちろん60代の方も
転売に取り組んでいます。

「転売(せどり)は難しい」
と思わずに積極的に転売(せどり)を
始めて欲しいと思います。

では、
ヤフオクでの転売(せどり)の始め方に
ついてステップバイステップで説明します。

ステップ.1
「Yahoo! JAPAN ID」を取得してください。
下記リンクから「Yahoo! JAPAN ID」の
取得画面にいけます
https://account.edit.yahoo.co.jp/registration

ステップ.2
オークションユーザー登録をしてください。
画面の指示通りで問題ないと思います。

ステップ.3
本人確認をしてください。
不正利用防止のため、本人確認が必要です。
携帯電話で本人確認をするか、
郵送物の受け取りでヤフオクの本人確認ができます。

難しい作業ではありませんので、
頑張って登録作業を進めてください!

 

【次の記事】転売の始め方 その2「仕入に行ってみよう」

 

【関連記事】

その1「ヤフオクに登録しよう」
その2「仕入に行ってみよう」
その3「ネット仕入をしよう」
その4「商品の状態をチェックしよう」
その5「商品を撮影しよう」
その6「ヤフオクに出品してみよう」
その7「出荷してみよう」
その8「利益をチェックしよう」

ここまでお読みくださり
本当にありがとうございます!


【メンバー紹介】
⇒メンバー紹介へ




お読み下さり、
本当にありがとうございます。

【堀井からのお願い】
感想や疑問質問を下記からお願いします
⇒コメント欄へ



⇒トップページへ戻る

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
↓質問には必ず答えます↓
⇒質問フォームへ


【はじめにお読み下さい】
1. 転売の始め方
2. 堀井のプロフィール
3. 儲かる商品リスト
4. 受講者の実績
5. 堀井のしくじり話
6. 堀井の信念考え方
7. カメラ転売マニュアル
8. カメラ転売塾


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

↓カメラ転売で稼ぐ秘密を徹底解説!↓



【無料ダウンロード】
世界一やさしいカメラ転売の教科書
↓メール登録で無料受講↓


*メールアドレス







・オンライン無料個別相談
⇒申込みフォーム



・塾生メンバーの実績!
⇒コチラから!

・塾生メンバーのブログ
せどり織田
ポンコツ子の実録日記
ニートゴトウのブログ
月収160万の大学生
カメラ転売で自由な人生!
従業員を卒業するまでの道のり
副業!なんでも鑑定団
貧乏新八再建計画
フリーターがせどりに挑む軌跡
ヒモ男の転売日記
カイジの1億ペリカを稼ぐまで。
今井くんのブログ
元銀行員後藤の実録
お絵かきFX講座


講習会をしているメンバー!

ポンコツ子の体験ツアー
せどり織田
新八のカメラ講習@愛知
さとちゃんの体験講習
月収160万の21才トモくん講習
稼ぐ専業主婦fichi


・はじめにお読みください
初心者の方へ


・稼いだ実績(証拠)を見る
ビジネスの実績


・物販ビジネスの基礎知識
1 「どうやって売るの?」
2 「物販って本当に儲かるの?」
3 「市場は飽和しないの?」
4 「資金はどれくらい必要?」
5 「無在庫販売のメリット・デメリットまとめ」


・どうやって稼ぐの?
⇒物販ビジネスの始め方


・【実践者の生の声】塾生の対談
月収100万円セラー対談
月収70-80万円セラー対談
初心者セラー対談


・メンバーの体験講習
ポンコツ子の体験ツアー
せどり織田


関連記事

コメントは利用できません。

堀井のプロフィール

堀井です。
カメラ転売スクールを
運営して8年目になりました。

今まで300人以上の方に
サポートさせていただき、
結果としては
月収30万円は100人以上、
月収100万円は30人以上も
育てる事が出来ました。

しかし、
カメラ転売に出会うまでは
心を病んで引きこもり。
借金まみれのドン底生活。
「死んだほうがいい」と思っていました。

続きはこちら↓
堀井のプロフィール